CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
フィレンツェでの革修行を経て、オーダーメイドの品物をこつこつと製作中。

<< 思ったよりシャンティなヴァラナシ | main | インド出国 ネパール入国 >>
インド最終日は船を貸切る。
毎日夕方からガンガー沿いで、プージャーという儀式が
行われているという情報を入手した僕とマサヒロ氏は、
船を一艘貸切った。水上から攻める作戦である。



客が野郎が2人なので、ふて腐れる船長。

2時間後、日もすっかり落ちてプージャーが始まった。



たくさんの人達が集まり、ガンガーに祈りを捧げる。



こちらはミニプージャー。
3時間たっぷり愉しんで、2人で600ルピー。ちと高いかな。


これでヴァラナシに思い残す事はもうない。
インドの旅もヴァラナシで最後である。

なんだかんだで2ヶ月間インドに居たが、結局お腹も壊さず、
騙された感じもなく、嫌な思いは何一つしていない。

ある程度の事は、自分自身の注意力で回避出来る事ばかりだし、
北インドには悪そうな人はあまり居なかったように思う。

リシュケシはヨガの聖地、ダラムサラはチベット地区、
マナリは綺麗な空気とヒマラヤ山脈の美しい景色。

この3つには、必ずまた訪れたい。本当に良い所だった。

そしてここで隊長とお別れである。
マサヒロ氏はデリーに戻り、ヨガのティーチャーコースへ通うそうだ。



黄昏るマサヒロ隊長。

マサヒロさんには本当に色々とお世話になりました。
一緒にインドを旅出来て良かったです。
また東京で会える事を楽しみにしています!


そして明日はいよいよネパールへ飛ぶ。



| 【6.インド日記】 | 13:57 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.fortuna-covers.com/trackback/1148027