CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
フィレンツェでの革修行を経て、オーダーメイドの品物をこつこつと製作中。

<< インディアンカップルの新婚旅行はマナリ | main | 旅の仲間 >>
マナリ
直角の椅子は思ったよりも苦ではなく、むしろ楽しかった。

バスのドライバーがスピード狂で、かなり攻めてくれる。
ライン取りもいい感じで、スリップストリームなんか使っちゃったりして、
さらっと抜いていく。

13時間掛かる所を、11時間25分というタイムをレコードした。

そして夕方、マナリに到着。

マナリには大きく分けて3つに分かれている。
ニューマナリ、オールドマナリ、バシスト。

ニューマナリはATMやショッピング、レストラン、
高級ホテルやらもう何でもある。

オールドマナリは地元の人達がたくさん住んでおり、
ゲストハウスも数箇所ある。

バシストには温泉があり、多くの旅行者が滞在している。

僕とマサヒロ氏はオールドマナリを拠点とし、
バシストへ湯治へ出かけた。

オールドマナリからバシストまではオートリキシャで15分くらいである。



ここの天然温泉はかなり熱い。しかし体を芯から暖めてくれる。
朝の4時から開いているこの温泉は登山者やツーリストに人気のスポット
である。



初のヒマラヤ。
太陽が近くにあるみたいで、本当に暖かい。



犬っこもチャクラ全開である。



マサヒロ氏も全開である。


| 【6.インド日記】 | 16:35 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.fortuna-covers.com/trackback/1144033